松任谷由実ことユーミンのことなら!

ルージュの伝言

あの人のママに会うために〜♪
松任谷由実さんの荒井由実時代の名曲「ルージュの伝言」です。

とっても可愛い歌詞、軽快な曲で大好きなユーミンの歌の一つです。

でも考えてみると、この歌はこのメロディだからいいんでしょうね。

もし中島みゆきさん風なメロディだったら、バスルームにルージュで書かれた伝言はとても怖い物になってしまうような(^_^;)

そして“あの人のママ”との関係も素敵ですよね。

荒井由実の頃の歌って、こういう感じのメロディの付け方が多いような気がします。

「冷たい雨」でも、とても悲しい歌詞だけど、とても綺麗なメロディですよね。

ユーミンの歌は歌詞が良いという人は多いようですが、私はメロディも大好きです。
ルージュの伝言のような経験はないけれど、楽しげな気分で口ずさむ私です♪

松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

カンナ8号線

松任谷由実さんの「カンナ8号線」と言えば、私が青春時代のライブではいつも盛り上がっていました。
昭和50年代後半の頃の話ですが(汗)最近はライブには行けていないのでどうなのかな?

当時は、オープニングやアンコールの時にも歌っていたように記憶しています。

とても力強い演奏でテンションが上がり、

「チェックのシャツが風にふくらむ 後ろ姿を」
という歌詞から始まるのですが、会場はもう歓喜!感動!盛り上がりまくりでした。

私が高校生の頃、当時の彼氏といつもライブに行ってた事を思い出します。

2人ともユーミンが大好きでいつも聞いていた曲です。

「思い出にひかれて ああ ここまで 来たけれども
あの頃の2人はもうここにはいない」

私の思い出の場所、今はすっかり変わっています。

あなたの思い出の場所はいかがですか?


カンナ8号線は、松任谷由実のアルバム「昨晩お会いしましょう」に収録されています。



松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 松任谷由実の好きな歌詞

シンデレラ・エクスプレス

松任谷由実さんの「シンデレラ・エクスプレス」を聴く度に私の友人を思い出します。

その友人は、高校時代の同級生なのですが、大学時代に遠距離恋愛をしていました。

「シンデレラ・エクスプレス」の歌詞さながら、遠くまで彼に会いに行ったり、彼が会いにきたり・・・

そういえば「シンデレラ・エクスプレス」はCMソングにもなりましたよね。

歌詞の中で「何も言わなくていい 力下さい。距離に負けぬよう」
という部分がありますが、私は長年、「距離」の所を「夜」だと思っていました(~_~)

「夜に負けぬよう」
恋愛時代、彼と会えない夜って寂しかったという思いはありませんでしたか?

私は、遠距離恋愛をした事はないけれど寂しい夜に負けないように・・・
なんて思ったこともありました。

今では結婚して、毎日当たり前のように夫が家に帰って来る。

結婚して4年経ちましたが、ふとこの当たり前の毎日が嬉しく感じる事があります。
40を過ぎてもまだまだ少女?気分なのかしら?



松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 松任谷由実の好きな歌詞

DESTINY

松任谷由実さんの荒井由実時代の歌、「DESTINY」

埃(ほこり)だらけの車に〜という歌詞(歌いだし)で始まる歌ですね。

この歌は、コアなファンがいっぱいいてるのではないでしょうか?
特に私のような40代、ユーミンと一緒に青春を過ごした人は。

今から20年〜30年近く前の歌だと記憶していますが、この歌詞は今の女の子の気持ちにも十分に通用する物なのじゃないかと思います。

ユーミンは、いつの時代にも女の子の気持ちを歌わせたら天下一品ですね。

彼に振られてしまってからは、いつもどんな時でもオシャレして着飾ってきた彼女。

それは、彼を見返す気持ちから。

でもでも、皮肉な事に偶然彼と会った時に限って「安いサンダル」を履いていた・・・

自分を磨くのは、あくまでも自分の為。
人を見返す気持ちでは、皮肉な運命(DESTINY)を辿るのでしょうか。

彼女は彼と再会する事だけが生きがいだった事に気づいて、悲しいDESTINYを感じているんですね。

でも、これって女の子なら誰しもこういう部分ってあるかもしれないですね。

そういう気持ちをユーミンは、うまく歌っていると思います。

松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

最後の春休み

松任谷由実さんの荒井由実時代の歌、「最後の春休み」

春休みの時期になると、あの優しいメロディが思い出されます。

「卒業写真」もそうですが、片思いの彼との淡い気持ちを歌っていると思います。

「最後の春休み」の歌詞の中で「もしも できることなら この場所で同じ時間に ずっと ずっと 蹲っていたい」と、歌いつつも、もうすぐ別の道を歩き・・・とこれからの現状も認めています。

社会に出て、色々な辛い経験をする事があるだろうけれど、片思いの淡い思い出がある限りこれからも生きて行こう!と、ユーミンがエールを送っているような気がするのは私だけでしょうか?

ユーミンと歩く青春の私の大事な一曲です。

ユーミンってオシャレで粋なお姉さん的存在ですが、歌詞はとても繊細ですね。
時代というのもあるでしょうけど、繊細な少女の気持ちを素敵に表現している気がします。

実は「最後の春休み」はハイ・ファイ・セット」も歌っていますが、ユーミンとは歌い方やイントネーションも違っています。

聴いていて「ユーミンならここはこんなメロディーなのに」と思う箇所が幾つかあり、聞き比べると面白いですよ。
こちらで無料試聴ができますので気になる方は是非聞いて見て下さいね。

ハイ・ファイ・セット:最後の春休み


松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

冷たい雨

松任谷由実さんの荒井由実時代の歌「冷たい雨」は、とても悲しい歌ですね。
彼と喧嘩をして帰って来たら、もう彼は他の彼女のものになっていたという。

悲しい歌でありながら、メロディーだけ聴いているとそう感じさせないところもユーミンらしいといえば、らしいかも?

歌詞の中で
「部屋に戻ってドアを開けたら あなたの靴と誰かの赤い靴」

そんなシチュエーションって悲しすぎる。

こういう場合、女性は彼よりも相手の女性を憎むというパターンが多いように思うのですが、ここでユーミンはこう歌っています。

「彼女の名前教えないでね 恨む相手はあなただけでいい」

う〜ん!分かる気がする!

私は、恋愛時代こんな思いは幸いしたことはなかったけど、悲しくも可愛い女心、ユーミンはいつも分かってくれる。

私の青春、恋愛の中にはいつもユーミンがいた。

そんな風に思っています。

実はこの歌、ハイ・ファイ・セットも歌ってるんですよね!

私はユーミンのファンになってから、ハイ・ファイ・セットも好きになりました。
松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

魔法の鏡

松任谷由実さんの荒井由実時代の歌「魔法の鏡」
これはユーミンの歌の中ではそれほど有名ではないかもしれませんが、私は好きです。

恋する女心を歌っていると思いませんか?

歌詞の中に

魔法の鏡を持ってたら あなたの暮らし写してみたい
もしもブルーにしていたなら偶然そうに電話をするわ

という箇所があります。歌いだしの部分ですが。

彼と別れてしまったけど、彼の事が気になってしまってるという気持ちが伝わります。

こういう思いを経験した事がある女性は意外といるかも知れませんね。

松任谷由実さんの歌詞のこういう部分に、なんとも健気な女心が現れているような気がします。

私は恋愛時代、よくそう思ったりしたものでした。

“できることならもう一度、私の事を思い出して
あれが最初で最後のホントの恋だから”

荒井由実ファンには、懐かしい一曲なのではないでしょうか?
若かりし頃にユーミンと一緒に過ごした恋愛時代の一曲だと私は思います。

懐かしい気分に浸りたい方はこちらで無料試聴ができますよ〜!↓

荒井由実・YUMING BRAND

松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

中央フリーウェイ

松任谷由実さんの“荒井由実時代”の名曲、中央フリーウェイ。

初めて聞いたのは私が中学生の頃でした。

松任谷由実さんの歌を好きになったのは、5つ上の姉の影響です。

40代になった今は、姉との年の差は感じませんでしたが、子供の頃はかなり年上の人という感じでしたね。

姉に対して、憧れというのではないけれど姉の好きな歌の影響って凄く大きかったと思います。

中学生の私から見て、すでに大人だった姉は、彼氏もいて青春を謳歌していた時期です。

ユーミンの歌は恋愛の歌が多いので、姉の“大人な恋”にもマッチしていた事でしょう。

中央フリーウェイは、聞いているだけで景色が目に浮かんでくるようです。
景色だけじゃなく、その時の“彼女”の感情、冷めているとまではいかないけれど、少し馴れ合ってきている感じのする2人の関係も・・・

女性なら、このような経験って誰にもあるのではないでしょうか。

私は中央フリーウェイを聞くと、夜の風を思い出すのです。

中央フリーウェイはこちらで一部、無料試聴できます♪↓

荒井由実・14番目の月


松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

やさしさに包まれたなら

小さい頃は神さまがいて
不思議に夢をかなえてくれた

という歌い出しで始まる、松任谷由実さんの荒井由実時代の「やさしさに包まれたなら」

宮崎駿アニメの「魔女の宅急便」にも使われていましたね。

松任谷由実さんのかもし出す、癒し系で、なおかつ軽やかなメロディーが素敵です♪

松任谷由実さんの歌声は軽やかな風まで運んでくれるようです。


ちなみに、私は子供の頃、不思議少女?だと思われていたようです(^_^;)

たしかに私は子供の頃から、不思議な体験をしていて
虫の声を聞いたり、猫と喋ったりするような子供でした。

空想の世界で生きていたような、ちょっと危ない子供だったかも?

そう、なんでも叶っていたかも?

そんな気持ちを忘れてしまっていた大人になった私。

でも、ユーミンが教えてくれた。

「心の奥にしまい忘れた大切な箱、開く時は今」

私は、今叶えたい夢があります。
ユーミンが、あれから30年以上経った今、
そんな私の背中を押してくれているような気がして・・・

「やさしさに包まれたなら」は、こちらで一部、試聴できますよ↓

荒井由実『MISSLIM』

松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞

卒業写真

ユーミンの独身時代、荒井由実の頃の歌で卒業写真というのがあります。

卒業シーズンになると、自然とこの歌が頭の中をかけめぐります。



「悲しい事があると開く皮の表紙

卒業写真のあの人は優しい目をしてる」

私にも思い出があります。
小・中学校と同じだったK君。

おとなしく控えめだった私をいつも気にかけてくれた。
ガキ大将だったのに、実は照れ屋で凄く優しくてスポーツに燃えていた彼。

彼にはたくさんの事を教わったような気がします。

人を分け隔てしないところ、人の意見に左右されないところ、
そして本当の優しさや思いやりを・・・

「あの頃の生き方をあなたは忘れないで
あなたは私の青春そのもの」

卒業シーズンにも、やはりユーミン!
私の心にしっくりきます。

荒井由実の卒業写真はこちらで無料試聴できますよ〜↓

荒井由実・COBALT HOUR

松任谷由実@ユーミンと私の青春 | 荒井由実の歌の好きな歌詞